美容師ブロガーの日常

美容知識、体験談、漫画やゲームいろいろ書きます。

今度の敵はブロリー!?ドラゴンボール超新作映画公開日決定

スーパーサイヤ人ブルーになった悟空とベジータは最強の敵ブロリーに勝つことが出来るのか?

[f:id:jibuchang:20180710101407j:plain

新作映画情報

鳥山明さんのマンガが原作の人気アニメ「ドラゴンボール」の20作目となる劇場版アニメのタイトルが「ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー」と発表され、敵として“伝説の超サイヤ人ブロリーが登場することが10日、明らかになった。また、超サイヤ人ブルーになった悟空とベジータの背後にブロリーの姿が描かれたポスタービジュアルも公開。ビジュアルには「最大の敵、サイヤ人。」というキャッチコピーが添えられている。

ブロリーとは

ブロリーは、鳥山明の漫画『ドラゴンボール』を原作とした劇場版アニメ『ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦』、『ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない』、『ドラゴンボール超 ブロリー』に登場する架空の人物。声優は島田敏。劇場版オリジナルキャラクターで、原作およびテレビアニメには登場しない。

とても人気のキャラクターで、劇場版でも最強の敵として何度も登場しています。

ブロリースーパーサイヤ人を超えるのか?

伝説のスーパーサイヤ人と言われているブロリーですが、
当時ブロリーと戦っていた時の悟空は、
スーパーサイヤ人3にもなってない。
現在は、スーパーサイヤ人ゴッド
スーパーサイヤ人ブルー
身勝手の極み
までパワーアップしているが、
果たしてブロリーは悟空以上のとんでもないパワーアップをするのでしょうか?
緑ぽい髪が何色に変化するかも注目です。

バイオブロリーの話はスルーされるのか?

f:id:jibuchang:20180710112411j:plain
前作『危険なふたり!超戦士はねむれない』で残された宇宙ポッドに少量残されていた血液中の遺伝子から、バイオテクノロジーの力によって不完全な形で造り出されたブロリーのクローンで、前作で倒された本物のブロリーとは別の存在。悟空に対する憎しみの記憶も受け継がれているが、劇中ではほとんど理性を失っている様子で「カカロット」という台詞も1回しか発していない。さらに凶暴化しており、唸り声と共に孫悟天たちに襲い掛かる。

超サイヤ人パワーは以前のままで圧倒的パワーは衰えず、悟天たちを苦しめた。培養カプセルに入っている状態では本物そっくりのまともな姿だったが悟天の声を聴いた途端暴走を起こし、培養液の排出作業が途中のままカプセルを自ら破壊して脱出したため、その際に身体に付着していた培養液が空気に触れて変質、その影響で身体が崩れてしまった。崩れた姿は、後頭部にやや残った超サイヤ人時の金髪以外は面影がなく、瞳は赤色で眼球の角膜内や気功波の使用時に発光する胸部の心臓部分が剥き出しの姿となっており、目や口からも気功波を放つようになった。こうした外的変化に伴って、クリリン気円斬で首を切断されても復元する再生能力を有した。なお、オリジナルのブロリーが使っていたバリヤーを、バイオブロリーは使っていない。

打つ手が無いと思われたが、トランクスの機転でタンクから溢れ出た空気に触れ変質した培養液を浴びせられる。これによって完全に消滅したかに思われたが、遺伝子の異なる生物兵器を吸収して増殖した培養液と一体化し身体が巨大化、さらに強大にパワーアップした。この状態で悟天とトランクスの前に現れるが、直後に身体が崩れて一時姿を消すことになる。バイオブロリーの細胞を吸収したことで大量に増殖した培養液が島中に流出した際、培養液の弱点が海水であることに気付いた悟天が、トランクスやクリリンと協力したかめはめ波で海水を押し出し、島ごと海水で浸したことにより沈静化。この直後にバイオブロリーは海中から巨大化した状態で現れ襲い掛かるが、他の培養液と同様に海水に触れたことで身体が硬化してしまい、最期は悟天とトランクスの気功波によって破壊され倒される。

おそらく、ここの話はスルーで、ブロリー本人がドラゴンボールで復活か、別宇宙のザマスみたいな悪い考えをもった破壊神がスーパードラゴンボールで最強の戦士の復活を願って、ブロリーでてきたみたいな流れになりそうですね


劇場版が今から楽しみです。