美容師ブロガーの日常

美容知識、体験談、漫画やゲームいろいろ書きます。

目黒5歳児虐待死事件。船戸雄大容疑者にしっかりした罰を!

両親が「モデル体形にする」などとして、結愛ちゃんの食事を制限していたことも判明した。

食事は、朝はスープ1杯、昼はお椀に3分の1のご飯、夜はお椀に半分のご飯だけだった。1日1食の日もあった。

5歳のエネルギー量は 男:1300kcal 女:1250kcalです。



(個人的な感情での文章が入ってます。ご了承ください。)


体を作る大切な時期になにを考えているのか理解に苦しむ

虐待の言い逃れの言い訳にしか聞こえない!
殴った場所は頭部ではなく「顔」とされています。
モデル体型にしたかったのなら、顔に暴力などふるえるはずがない。
本当にあり得ない!

逮捕された無職の船戸雄大容疑者(33)と船戸結愛(ゆあ)ちゃんの関係は?

船戸ゆあちゃんは、船戸容疑者の前夫の娘。
船戸容疑者は妻と結婚する時点で、
連れ子を育てる覚悟をちゃんと持っていたのでしょうか。
ゆあちゃんからの手紙にも
たたかれた
まえのパパが良かった
などの文章も出て来ていた。

船戸雄大容疑者も当然許せないが、
ゆあちゃんの実の母親も、何故お腹を痛め産んだ娘がこんな虐待を受けているのを見て見ぬフリが出来たのであろうか

ゆあちゃんからの謝罪文

ママとパパにいわれなくってもしっかりとじぶんからもっともっと
きょうよりかあしたはできるようにするから 
もうおねがい ゆるして ゆるしてください おねがいします

ほんとうにおなじことはしません
 ゆるして きのうぜんぜんできてなかったこと
 これまでまいにちやってきたことをなおす 
これまでどんだけあほみたいにあそんだか

あそぶってあほみたいだからやめる
 もうぜったいぜったい やらないからね
 ぜったい やくそくします

五歳の女の子が書く文章ですか?これが。
悲しすぎます。本当に本当に、こんな事を書かせる親の
頭の中腐ってます!!

犯人にとって、しつけレベル

警視庁へのその後の取材で、雄大容疑者と優里容疑者は1月から2月までの間、
暖房が切られた自宅の部屋に結愛ちゃんだけを残して買い物や食事に出掛けていたことが分かりました。

「(結愛ちゃんが)泣きやまない時に、しつけとしてベランダに出していた」などと供述しており、
冬の屋外に長時間、はだしで放置されたことで凍傷になったとみられる。

供述1つ1つが、言い訳にしか聞こえなくて、心底腹立たしくなります。
虐待を認めず、しつけといえる容疑者には反省の色はまったく見えないと感じます

年々増加し続ける児童虐待件数

平成27年度中に、全国208か所の児童相談所児童虐待相談として対応した件数は103,260件(速報値)で、
これまでで最多の件数となっている。


いったい、何人に一人の、子供が虐待によって涙を流しているのであろう。
いつの間に、世の中はこんなことになったのだろう。
今、自分ができる事は記事を書いて、これを読んで一人でも
愚かな行動を改めてくれたらいいなと思い動くことしかできません

子供の命を奪う権利は親にだってないはずです。