美容師ブロガーの日常

美容知識、体験談、漫画やゲームいろいろ書きます。

もののけ姫のセリフからいろいろな謎を考察

もののけ姫のキャラクターのセリフから、様々な謎を考察

もののけ姫は西暦何年の物語?

石火矢(いしびや)とは、室町時代末期に伝来した火砲の一種。

室町時代は1336年から1573年まで、

長老らしき人が「大和との戦に敗れ、この地に隠れ住んで500有余年(500年あまり)という台詞がありますが、
大和朝廷蝦夷との大きな合戦は多くありますが、ここでは前九年の役(1051-1062)、後三年の役(1083-1087)を指すものと仮定します。

つまりそこから500年あまり後という事は、もののけ姫の世界は室町時代後期の話で間違いないであろう。
また、エボシの発言で
『民国の鉄砲は重くて使いにくい』
この発言もヒント
中国の歴代王朝の一つである明(みん)の国は、1368年から1644年まで

もののけ姫の時代は西暦1500年〜1573年の間の話

アシタカの村とたたら場は日本のどの辺?

アシタカがエボシに何処から来たか聞かれるシーン
『北と東の間より』

また、スタジオジブリは『もののけ姫』の制作のため、白神山地も舞台モデルとして取材しているそうなので、アシタカの生まれ(旅の始まりの地)は、青森か秋田が有力です。

エボシタタラ

おっことぬしが鎮西(九州)から海を渡って来た事から中国地方が有力です
モデルになった場所はいくつかあります。

たたら場は島根県の奥出雲、シシ神の棲む森は屋久島です。