美容師ブロガーの日常

美容知識、体験談、漫画やゲームいろいろ書きます。

【悲報】漫画村から漫画タウンに!そく閉鎖に。

漫画村に対していよいよ政府が動き出した模様
更新がこの1週間止まっている。
また、サイトが重くてなかなか起動しない
エラーが頻発している

政府は国内に拠点を置くインターネット接続業者(プロバイダー)に対し、ネット上で漫画や雑誌を無料で読めるようにしている海賊版サイトへの接続を遮断する措置(サイトブロッキング)を実施するよう要請する調整に入った。月内にも犯罪対策閣僚会議を開催し、正式決定する見通し。

三つの海賊版サイトの具体名を挙げ、接続業者に要請する予定。うち2サイトは中国など他国で行政指導や捜査当局の摘発を受けたにもかかわらず、日本国内からアクセスすると閲覧できる状況が続いている。

ただ、接続遮断要請に明快な法的根拠はない。通信の秘密や検閲禁止を定めた憲法21条に抵触するとの指摘を受ける懸念もある。政府は、無料閲覧によって生じている出版社や著作権者の被害を踏まえ、要請を刑法上の「一時的な緊急避難措置」と位置付け、接続業者の理解を求める方針だ。

そして、すぐ新しく漫画タウンが誕生

生まれてすぐに、閉鎖状態。
このいたちごっこの終結はあるんでしょうか

長い目で見たらいい事?

漫画村などで無料で読めることは漫画が好きな人にとってはパラダイス。
毎回、漫画を購入したり
漫画喫茶にいったりしないで済むので
出費が抑えられる。毎週発売の週刊誌も購入せずに閲覧出来るから立ち読みすらしなくていい

ただ、これが続くと、、、

出版社が予算を出せなくなる事態に、

つまり、看板作品のリストラが起こる可能性が
また、漫画作者のモチベーション低下に繋がる恐れが


これは音楽業界ですでに起こった事態と酷似してます。

CD全盛期はいろいろなアーティストが素晴らしい歌声を披露し、素敵な音楽が世に溢れた

しかし、音楽ダウンロードが主流になり、
売り上げが激減
それに伴いアーティストの数も激減し
世間一般には音楽のレベルは下がったと言われてます。

TV業界でもユーチューブなどの影響で視聴率の低下で大物芸能人を使えなくなったり
予算をかけれないため面白い番組を作れない
その結果、更に視聴率低下の負のスパイラルに陥ってます。

タダより怖い物はない

面白い物にはそれなりの対価を払うのが当たり前。漫画大好き人間としてはこれからも面白い漫画を読みたいので、漫画業界全体が終わってしまわないようにしっかり動いてほしいですね