美容師ブロガーの日常

美容知識、体験談、漫画やゲームいろいろ書きます。

市販のコテやアイロン 知っておきたい注意点

こんにちはユウマです。今回は市販のコテでの
注意点をいくつかご紹介します。最近はご自宅に必ずあるといってもおかしくないコテやアイロン。ぼくも朝はコテ巻いて仕事してます。

ただ毎日やるなかで必ず注意しないといけない事、また間違えた知識で大変な事になる事を
まとめてみましたのでご覧下さい


綺麗なカールを作るには髪の素材が大切です。

まず、一番大切なのは180度以上の熱を髪の毛に与えない事

市販のコテやアイロンはうたい文句で
220度まで出ます!みたいなのが多いですが、
ここが最大の落とし穴!

美容室で扱うコテやアイロンのほとんどは180度以上上がらない設定です。多くの美容師さんは180度以下に設定してカールを巻きます

では何故220度まで上がるコテやアイロンが出回っているのであろうか。おそらくは


うちは200度まで出ますよー!
べらんめー!じゃあうちは210度だ!
こなくそー!ならこっちは220度だ!

てな事がメーカーで行われてるのでしょう。
でもね、冷静に考えて下さい。
180度てヤバイくらいに熱いですよ?肌に触れたら即火傷です!そこから更に40度も上げる
髪の毛大火傷です。

髪の毛はタンパク質の塊。生卵をイメージして頂くとわかりやすいと思います。
プルプルの生卵に熱を与えると、半熟卵に→更に熱を与えるとボイルドエッグに→更に熱を与えると炭クズになります。
柔らかい卵がどんどん硬くなります。
これがタンパク変性という現象です。
髪の毛も同じくタンパク変性が起き
髪の毛がどんどん硬くなります。とどうなるか

巻きが取れやすくなった
ストレートしても毛先がまとまらない

そして、更に熱を上げて巻いたりストレートにしたり、

そして、更に巻きにくくなったり、広がってしまい更に熱を上げる……の負の連鎖

最近本当にこんなお客様が多いのです。
せっかく伸ばした髪の毛も切るしかない状態


なのでぼくからアドバイス!
巻く時やアイロンする時は必ず

180度以下の熱でしましょう。
あと出来ればアウトバストリートメント付けてからして下さい。

皆さまの髪の毛がもっと綺麗になりますように

www.maron.work
www.maron.work

ではまた|ω・)