美容師ブロガーの日常

美容知識、体験談、漫画やゲームいろいろ書きます。

この世界の片隅で ラスト

感動で涙が自然に溢れ出してきました。

本当にいい映画は
言葉が出ません。

ただ涙が出ます。

すずさん
すみさん、りんさん。
周作さん、
はるみさん
けいこさん。

自分の母が生まれた時代に生き抜いた人々

自分が今ここに生まれ
今日、ここでいろんな悩みや
苦悩の中ストレスと戦ってるなか

今の不景気の中生きてる

今の自分を不幸やて思てる自分が
ちっちゃく思て
五体満足に仕事も出来る
きちんと歩ける
そんな当たり前の事
出来る今を大切にしないとあかんて
改めて思ったと同時に

地元に父と母
二人の顔が見たくなった。

もう亡くなった
祖母や祖父と
この映画見て
この時代の話聞きたくなった。

家族の大切さ
笑顔でいる事の大切さ
当たり前な事のような事が
当たり前でない時代を
生きたすずさんや
うちのおばあちゃんおじいちゃん

そして頑張って生き抜いたお母さんお父さん

今の自分も
今の時代、平和な日本で
当たり前のようにある各社差別
そんな事考えずに頑張って生きたいて
思えたそんな映画に出会えました。

ラストの母を失った女の子
娘を失ったけいこさん
利き腕を失ったすずさん
母と父を亡くしたすみさん
それでも家族がいて
笑顔で話せる
そんな当たり前なようで素敵な出会い


今を大切に生きる

自分もそうして繋いでもらった命大切にします